キアラの抜糸♪

 先週ジェマちゃんが退院しましたshine
 えぇ~w(゚o゚)w!? 何のこと~!?
 でもでも、その前にキアラの抜糸のお話です。
 もぅいいってば~ Σ( ̄ロ ̄lll)??

201608_02_01CO2

 サポーターの下にうっすら白い滅菌ガーゼが見えます?

 キアラさんはサポーター服がイヤみたいで、ママが起きてみると毎日脱ぎ捨ててました。

201608_02_02CO2

 首回りはテーピングしてもらっていたのに、どうやって脱いだんでしょね?

 首にチラっと見える白いのがテープのみ残ってる状態です。
 器用ですわ~ ( ´艸`)ププッ

 傷口はいっさい気にしてないのですが、毎回着せ直してテープ貼り直して…

 家にあるテープは細くて剥がれやすいものだったので…
 そりゃそうだ?
 皮膚に貼って剥がれにくい医療用テープなんて買わないもんヾ(´ε`*)ゝ ネ?

 というわけで、その後はさらにサクサク脱いでました (゚m゚*)

 ママは諦めましたょcoldsweats01

 そんなわけで、7月1日以降はママがいない時だけ着せる感じ。

 どうせすぐ脱いじゃうんですけどね…

201608_02_03co

 さてさて7月4日以降ならいつでも抜糸できるとのことだったので4日に行ってきましたdash

 ガーゼを剥がして糸をプチプチプチと切ってもらって軟膏も塗ってくれました。

 診察台にのるとカタカタ震えてぃましたが、入院時や退院の時に比べたらそうでもなかったのでトラウマもそんなに無さそうです。

201608_02_04co

 ではでは、本題の抜糸後ですwink

201608_02_05co

 傷口をみたくない人は、すっ飛ばしてください。

201608_02_06co

 おへその下あたりから赤い点々の箇所が糸があった所です。

 滅菌ガーゼの粘着部分だった所が少し赤いですが、こちらはすぐに引きました。

 そういえば、内側って溶ける糸で縫ってるのかしら?
 今度聞いてみようかな~。

201608_02_07co

 傷口は綺麗に塞がっていてどこからスタートかわかりにくいほどでした。
 糸があった箇所を参考にだいたい 4~5 cm くらいでしょうか?

201608_02_08co

201608_02_09co

 抜糸後2日目の写真↓

201608_02_10co

 今ではどこが手術痕なのかよく見ないとわかりません。
 綺麗ですょ~shine なので(?)写真、撮ってないです(笑)

 次はジェマちゃん?
 to be continued ですnotes

| | コメント (6)

キアラが退院♪

 先週までゴタゴタしていて…、やっと時間が取れました。
 下書きをしたまま気付けば…8月になってましたわ Σ( ̄ロ ̄lll)sweat01
 ではでは、6月25日の退院のお話ですcatface

 24日の術後面会でキアラはガタガタ震えて元気もなかったので、ゲートと段ボールでキアラ専用の居場所を作りましたflair

 ジェマが傷口を舐めるかも?と思いましたし。
 ソファーに登らせないためにも隔離ですねwink
 広さは(120×90)cm で、寝床とトイレと水を完備good

 ゲートは水拭き&掃除機で吸引後、エタノール消毒して衛生面もバッチリshine

 床の除菌拭き&全部屋を掃除機がけ、ソファーは皮クリーナーで拭いた後に洗濯したてのカバー装着、寝床の作成などなど。

 4時間もかけましたsweat02

201608_01_01SO

 土曜日の診療は19時までなのに18:40までそんなことをしていたため、家を飛び出してカートを押して走りましたねヾ(.;.;゚Д゚)ノ

 実は…shock、ママは走れません。

 歩いて30分の距離を走っても20分かかるって…ヾ(*゚A`)ノ 遅ッ

 不整脈&片頭痛&喘息になりつつ、汗だくで息も絶え絶えに病院に到着したので、周りの人はなんじゃ~!?って思ったかも…

 そんなママを見かねて、待合室にいた女性がドアを開けてくれました (。・w・。 ) 親切~♪

 ソファーでぐったりしていたら、服を前後逆に着ているのに気付いて…
 またやってもぅた…
 ママ、よくやりますcoldsweats01

 背中側のタグがバレバレの洋服だったので、恥ずかしすぎると思ってトイレでクルっと回して着直しました。

 診療時間ギリギリだったので待ち時間はほとんどありませんでしたょ。

 キアラは缶詰フードを少し食べたし、炎症マーカーも下がってきてるので退院OKとのことでした。人がいるときは決してフードを食べなかったそうです (*´Д`*) やっぱり~

 ソファーに登ったり降りたりするのはしばらく控えてとのことで、ゲートに飛びつくようなら傷口にさわるのでゲートは無しで普段通りの生活の方がいいとのこと。

 散歩は3日後から家の周りを少しだけと言われました。

 カートに入れるやキアラさん、お散歩と勘違いして 「下ろせ~!歩く~!」 ってビィビィ鳴いていましたeye

 あまりに鳴くので、結局、抱っこして帰ることに…

 もっとぐったりしてるのを想像していたので…、カートが邪魔すぎでしたcrying
 ちなみに帰りも別の女性がドアを開けてくれましたょ (。・w・。 ) なんて親切~♪


 帰宅早々、はしゃぐキアラさんです↓

201608_01_02gc

 結局ゲートに飛びつき、ソファーとのすき間から抜け出してソファーにピョ~んって(・_・)....

 そして、ママが触ると大喜びnotes

201608_01_03CO2

 あまりはしゃいで欲しくなかったのですが…(笑)
 できれば安静に…と思ってましたが…coldsweats01

 本当に開腹手術をして50時間後なのか?ってくらいヾ(´ε`*)ゝ
 手術前と変わらず元気でしたscissors

 さてさて、帰宅後から床に水滴が無数にあるのに気付きましたeye
 あれ~?キアラのおティッコ?
 嬉ティッコしない子だから、手術で緩んでるの?
 などと不思議に思いながらとりあえず拭き掃除。
 しかし、拭けども拭けども新たにボタボタ水滴が…coldsweats02

201608_01_04gc

 犯人はジェマさんでした…

201608_01_05go

 ジェマはトリミングやドッグランで犬がいると緊張のためにヨダレが出ますcoldsweats01

201608_01_06GO2

 この情けない表情 (ノ∀`)・゚・。
 ヨダレ、わかります??

201608_01_07gc

 玄関、廊下、リビング、洗面…
 ジェマのヨダレってわかってたらワイパーでザ~っと拭いたのに…
 キアラのおティッコと思っていたので…。

 消臭剤とトイレットペーパーで、立ったりしゃがんだりしながら拭いてたらクラックラでしたwobbly

201608_01_08gc

 ジェマさんのヨダレは2時間ほどでおさまりましたょ。
 キアラだとわかるまでに結構な時間がかかりました(笑)

201608_01_09gc

 抜糸は7月4日以降ならいつでもよいと言われたので、4日に行ってきましたshine

 ではでは、抜糸のお話はまた後日?
 to be continued ですnotes

| | コメント (4)

術後の面会

 25日、キアラが無事に退院しましたhappy02shine
 というわけで、心おきなく続きをアップしますnotes
 記憶を記録したいので、6月24日のお話に遡りますねwink

 入院前の説明では、「 6月23日の昼に手術して経過がよければ、6月24日の夕方19時以降で面会が可能 」 とのことでした。

 手術が終わって 「 明日(6/24) 会えますょ~ 」 って獣医さんに言われ、ママは会いたいけど、キアラの体への負担を考えたら面会は控えた方がいいでしょか?と電話で相談しました。で、とりあえず先生のお話だけ聞きに行くことになったのです。

 24日の19時以降に行ったらママの気持ちがブレるし、早く先生の説明を聞きたかったので徹夜したまま朝9時過ぎに病院に行ったのですわdash

 平日の朝イチなら空いてるハズ!と思っていましたが、待合室は立っている人もいて、土曜と同じくらい混んでいましたsweat01

 外のベンチで待つこと15分。2人ほど出たのを確認後、中の待合室に移動してしばらく待っていると、「 面会ですか~? 」 と言われ 「 いえ。先生の説明を聞きに来ました。」 と答えました。

 そして待つことさらに30分sandclock

 再度、看護婦さんがきて 「 あと3番目なのでまだまだ時間がかかっちゃうから、待つ間キアラちゃんに面会して下さい 」 と言われてしまい…

 もう断れないーヾ(.;.;゚Д゚)ノ
 ならば19時以降に来れば良かった…
 まだ術後20時間しか経ってないしー(lll゚Д゚)
 あっ!この病院、2階もあるんだ~eye
 1階は人の出入りがあるし、来院の犬も鳴くけど2階なら静かでキアラにはいいわ~(。・w・。 ) などと思いつつ、ドキドキしながら連れて行ってもらったのですsad

 ケージの奥の隅っこに伏せっていたキアラさんを見て、まだグッタリしてるのね~と思っていたら、ママを見るなり左に首をかしげました (・_・)エッ....?

 ん?ママがわからないの?って思っていたら、看護婦さんと話していたママの声を聞くなり 「∑(=゚ω゚=;)!!!」 って起き上がりました。

 顔の変化がすごくてビックリしましたょ(笑)

 もしかして、犬って飼い主の顔を認識するというより声で判断してるのかしら?

 ママは香水とかつけないし、匂いでは認識できなさそうですしね~ヾ(´ε`*)ゝ

201606_04_01co_2

 近寄って来たキアラさんはガッタガタ震えだしましたcrying

 21日の体調不良で震えていたときは小刻みだったのですが、この時の震えは…、生まれた頃のガタガタ揺れている感じに似てすごい大きな震え方だったんです。

 心配になって看護婦さんに聞いたら、「 今まで震えてなかったんですけどね~ 」 って…coldsweats01

 抱っこしてしばらくしたら少し落ち着いてきたので、ケージに入れようとすると突っぱねてなかなか入ってくれませんでした。よほど嫌なのね…bearing

201606_04_02co_2

201606_04_03co_2

 エリカラが邪魔でママにハグできずにジダンダ踏んで可愛そうでした…

 私の腕に、短い前足を一生懸命伸ばしても届かず…
 もどかしそうでしたょdespair

 エリカラの他にサポーターみたいな布ですっぽり包まれていました。
 白いタートルネックみたいで、不謹慎にも若干可愛いと思ってしまい…

201606_04_04co_2

 そして、今まで聞いたことのないジャンルの鳴き方をしていましたsweat01

 最初はどうしたらよいのだろうってくらいガッタガタ震えてギュウギュウ鳴いてましたが、30分ほど抱っこして落ち着いてから動画を撮ってみたので良ければ↓

 看護婦さんが戻ってきて 「 次なので、そろそろ下に行きましょう 」って。
 50分ほど面会してたのに、10分くらいに感じました…。
 キアラは最後の方は鳴きやんで震えも治まってました。

 こんなにちっこい体で手術頑張って、点滴もエリカラの不快にも耐えてエライですcrying

201606_04_05co_2

 先生の説明を聞いて、撮影された画像を見たらパンパンに腫れていました。
 片側の卵巣が腫れていたので、ホルモン異常も根底にあったかも?と言われました。
 検査に出す乳白濁の液体も見せてもらいました。

 手術も無事に済んで、術後も血液検査の結果も特に問題なく、第一の山場は越えたと聞いて安心してママは帰宅したのでしたcatface

 退院のお話はまたあとで~。to be continued ですnotes

| | コメント (6)

«あとは術後リスクのみ