ワクチン接種2回目

打ってもらいました。

1回目は右腕で2回目は左腕です。

1回目の方が副反応が少ないと言われていたので利き腕に。

2回目は副反応がひどくなることが多いと聞いていたので利き腕ではない方に。

それに来週引っ越すので左のがいいかと思ったんだけど・・・?左腕の方が使っているので痛いです。

そういえば普通は同じ腕に打つらしいですが、私は両腕が特に問題なく使えるので違う腕を選択しました。

違う腕を選択した理由は以前フルミストが入荷されておらず、フルーショットを打ってもらったら2週間ほどパンパンに腫れて半年ほど黒く変色したから。かな?

その他にも左腕ばかりいつも調子が悪いような?

 

ちなみに1回目は寝返りの時に痛くて目が醒める程度&2週間ほど内出血のみです。

2回目も今は腕が痛い程度。熱はないと思ったら38度ほどの微熱です。

2日前に思い切り転んでそちらの方が痛い・・・

 

私は39.8度が1週間続いても普通にガッコー行ったり試験を受けたり、出社したりすることが多々あったので、体温が2度上がったくらいでは特になんとも感じません。

我ながら図太いな~っとwww

しかし不思議なことに私がフルーかかったと思っていても周りは誰もうつらなかったり、年に2度も39度以上でフルーっぽい症状があったり・・・

そういえば、小さい頃は熱が出ると、色白の母の顔が緑色に見えると言って困らせたっけ。最近はそれはないかな~。

| | コメント (0)

ジェマ

 ――― およそ半年前になりますが、ジェマが永い眠りにつきました ―――

 

202008_01_01g_

 

 ちょうど1年前の今頃、ジェマの腎臓病の闘病生活を始めました。

 理由はわかりませんが11月末に膵臓が急変悪化。その後3ヶ月は付きっきりで看病して少しずつ回復の兆しがみえてきて、来週から血圧の薬を再開しようという話しになっていたのに、2月16日にてんかん様発作が起きました。発作を抑えるための麻酔から覚醒せず…翌17日の夜に自宅で看取りました。

 救急病院の獣医さんの話では脳梗塞が原因だろうとのことでした。

 後悔だけはしたくなかったので、11月~3月までの数ヶ月間はできうる限りのことはやり尽くしたと思います。睡眠時間は2~3時間の複眠。なので、その辺は今後も心のつっかえがなくて良かったと思います。

 しかし、”ジェマがいない” という現実は受け入れ難く今でも吐きそうで気持ち悪いです。

 

202008_01_02g_

 

 この写真は3月14日に友人とCrab and scallop パーティをしたときのジェマさんです✨

みんなでかなりワイワイしてたのに(特にキアラが…)ジェマはずーと寝ていて、りんごを剥いたらムクムクっと起きて「食べるー⤴」と言いだしたので友人に笑われました。

 

202008_01_03g_

 

 ジェマは女子大好きなので、楽しかったと思います💕 開催して良かったです。

 

 さて、ペットロスになるのはわかっていたのでキアラを産ませたのですが…

 やはりまだまだ詳細を書けるほど私の気持ちは戻ってない…です。

 

 一番辛かったのはキアラかなと思います💧

 これまた思い出したくないくらいのひどい取り乱しようで…動画はいまだに見ることができないです。

 ジェマが居なくなって2週間はママが買い物に行こうものなら、ずーっと帰宅するまで声がかすれるまでキュウキュウ鳴いていました。

 基本的に24時間、ママの膝の上で、1日に3回ほどジェマを探しに各部屋をのぞいて…それを見ているのは辛かったです。

 

 確か49日が極楽浄土に旅立つ時とか聞いたことがあるのですが、自宅供養にしているからか一向に悲しみは消えず…

 当時ペットロスについて調べていたら、2年くらいとか書いている方もいて、これが2年も続いたら無理だわと思いましたが、55日を過ぎたあたりからキアラがジェマのことを探さなくなって私も少しずつ辛いのがなくなってきました。

 

 さてさて、一番なんでも話せたのが左に写っている友人S。当時は助かりました。

 ジェマがパピーの時からよく遊んでくれました。

 昨日も近所で晩ご飯を食べに行ってたくさん話を(別件ですが)聞いてもらいましたょ。

 「日本語で人と話したの3週間ぶりだわ~」と言ったら、「かっこいい」って別の意味に取られました(笑)

 実際は、というか、この3週間でママが唯一話しているのが、アフリカとのオンラインセッションのみという特異な状況です(笑)英語でしか話してないとかそういう意味ではないのです。

 日本人で話す相手がいないというのが正しいかと…

 

 話しは戻って、闘病中は獣医さんに親身になってもらい大変助かりました。

 そして個人のブログ(実体験)も参考にしていたので、落ち着いたらジェマの病気と看護の話しを書きたいと思います。

 もしかしたら誰かの参考になるかもしれないし、ね?

| | コメント (0)

ジェマの手術を振り返ろぅ☆2

 毎年ブログを再開しま~すと書きながら…(*´v゚*)ゞ

 年に1~2個しかupできない有言不実行?なママです(笑)

 とりあえずジェマの乳腺腫瘍の手術のお話を書きます(*´ェ`*)

 何年前の話なんだ~!?

 

201908_01_01gc

 

 手術当日深夜1時の写真です ↑

 約3年前ですね

 手術当日朝9時の写真です ↓

 

201908_01_02go

 

 お腹がどうなったのかは次回に書きま~す

 さてさて、ジェマの手術はキアラのときほど不安になりませんでした。

 2016年6月23日にキアラの手術をしてもらって獣医さんに安心しておまかせできると思ったのと、ジェマは体調不良じゃなく予防のための手術だったので。

 キアラのときみたいに即入院と違って、日程を決めて手術当日から入院だったのも精神的に楽でした

 キアラのときは24時間近く安否がわからなくて、吐くかと思いましたもん(T_T)

 ジェマの場合は心配する時間は6時間くらい。

 しかもその間はずっと寝てました(^-^;

 前日徹夜したので仕方ないです?

 愛が足りないです?

 

 それはさておき、獣医さんの提案は、乳腺腫瘍を左側(ジェマの右側)第1~第3&右側(ジェマの左側)第4~第5をクロスで切除するのがベストと言っていました。


201908_01_03dw

 メリットは悪性腫瘍か良性腫瘍か不明だったため、気になる腫瘍を最低限で切り取れること、だったと思います。

 デメリットは美容的に見た目が悪い。

 といってもこれは人間サイドの話だし、毛が生えて手術痕は見えなくなるのでデメリットとも言えないですょね?

 

 質問があれば当日午前中まで大丈夫と言われたのでママの即席メモ ↓

 予約時間の30分前にちゃちゃっと書いたので要点のみですね(*´v゚*)ゞ

 

201908_01_04mw

 しかしなんだろう、このメモ…A4紙を3分割して書いてるけど見づらいですね(笑)

 まず左の絵がキショク悪ww
 右の絵は獣医さんのスタンプを見ながら書いたからまだマシです(*´v゚*)ゞ?

 ここで、一番のミスを発見しちゃいましたょ👀

 右ラスト1文 『 ジェマは犬がいると緊張でヨダレが出続ける 』

 何がミスかって?

 手術入院が8月9日~8月12日でした。

 日程を決めたポイントはキアラの件で蓄膿症にいつなるかもわからないから出来るだけ早く予定を組んだんです

 しかし、この頃からお盆やら長期休暇やらでどこかに行きますよね~🚗

 動物病院はペットホテルも併設されているのでたくさん犬がいましたよ。
 特に1匹、吠える子が…(A;´・ω・)

 ここからはジェマの術後面会に行った時の写真です ↓

 

201908_01_05go 201908_01_06go 201908_01_07go 201908_01_08go 

 動画も撮ったのですが、ペットホテルに預けられている黒いワンコにず~っと吠えられupできる感じではないです。

 で、つられてジェマも 「 ゥギャン 」 とヒステリックな鳴き方を何回かしてましたし

 ケージ写真3枚目が文句を言っているジェマさんです(≧m≦)

 ジェマがケージの中を左右に行ったり来たりでよくないとのことで面会は5分で終了。

 キアラのときより元気そうなので、安心してママもあっさり帰宅しました

 3年前のことなので記憶違いもあるかもしれませんが、退院のお話はまたあとで~

 to be continued です

| | コメント (0)

«ジェマの誕生日☆2カ月過ぎ